365日ミュート
16歳を迎えたアラスカンマラミュートのミュートと暮らす人の日々。
■ Search
■ 二〇一七年四月二十三日のミュートさん
うまうま
うまうま

リハビリ中
リハビリ中


ミュートさん、ほぼ寝たきりなのでだんだん首周りの毛が薄くなってきた。
多分、口内が擦れてるのは歯石ばかりでなく、頭をビッタンバッタンやっているのが一因かも。
大体人がいるときに、布張りの折りたたみ椅子に乗せてご飯を食べるようにしたら
最初の頃は上半身を起して居られず、力尽きてご飯の器に顔を突っ込んじゃったりしてたけど
だんだんとご飯を食べ終わるまでは、前足で支えて間食できるまでにはなった。

本犬的には起き上がりたい願望があって、時々もがいている形跡があり
迎えに行くとほぼほぼ前足側の抱き枕が外れている。
せめて、伏せの状態に自力でもってこれるようになればいいのだが・・・
■ 二〇一七年四月十六日のミュートさん
スヤスヤ
スヤスヤ

リハビリ
リハビリ

歯石
歯石


夜になればまだ涼しいものの、今日の日中は大分暑かったので、エアコンいれた。
その所為かミュートさんスッコスコにお休みである。

それとシッコの量が少ないのは、水分量が少ないということで
朝晩のミュー汁だけではまだ少ない!ということで就寝前の水分補給タイムの際
お湯肉入れて肉汁にすると、ご飯の器一杯飲んでくれるので、そうしたら
朝のムツが全面ビっチャリするほど出るように。

あとその所為かどうかは不明だけど、ミュートさんの圧迫排尿が新境地に。
未だツボは不明だけど、今までのジョリジョリからドビッシー君に。
今までの圧迫排尿はなんだったのか?と思うほどの出の良さ。

ただ、本当に位置と加減が解らないのが困る。

そんなんで後は、気になっていた歯の歯石を取ってみた。
ヤスリ場なので、どうも口内を傷つけていたらしく、取ったら少し良さげ。
背中の傷も、膨らんで入るものの瘡蓋が完全に取れ完治したっポイ。
■ 二〇一七年四月九日のミュートさん
何かぬ

やーん

おきた

なんかくれ


今週は、週初めに2回目の血尿が出たりして、久々の病院騒ぎに。
血尿も、膀胱内にたまっていた血液の塊がはがれた際に、大量出血したらしく
吃驚するほど真っ赤だったのはその時だけで、以降は血が出てるなーぐらいに。

一応狂犬病や混合接種のことも有ったので、物だけ持って病院へ行ったが
ネットで血尿・塊で探してもミュートさんほどの塊が出ている画像は無く
ホントに人の指先ぐらいのでかい塊が尿道から出てきたときは、なんか内臓出たのかと思うぐらい衝撃だった。

結局病院で薬だけ出してもらって、様子見する事にしたんだけど
先生が言うには今年の夏超えらんないんじゃないかと。
人としてはあまり暑い季節よりも、少し涼しくなってぐらいからの方が本犬にもいいんじゃないかなぁとは思っているが、時期は迫りつつあるのは確かだ。
本犬に至っては、食欲は相変わらずあり動けないながらにビッタンバッタンするので
布団とグランドクロス状態になってたりとか、違う方面で問題に。

背中の粉瘤が爆発した痕は、傷はほぼ塞がり瘡蓋がはがれて流血することもなくなった。
マズルに開いてた海を排出する穴は塞がった代わりに、鼻と目から出るようで、目ヤニが結構ひどい。
しかも目ヤニが酷い方側のまぶたの裏に、イボみたいのができてしまい
体にもあちらこちらにみられるので老人性のものなのかもしれない。

昨日と今日は雨が続いていてギャラリーの湿気が酷い。
ドライを一日中かけても取れないので、早く止んでくれないかなぁ・・
■ 二〇一七年三月二十六日のミュートさん
抱き枕
抱き枕

リハビリ中
リハビリ中

起きたい
起きたい


相変らず寝たきりのミュートさんだが、その状況にも慣れたようで元気にわがまま言いたい放題中。
最初は転がすしかなく、左右反転させる時に悲鳴を上げていたのが無くなり
最近は起き上がりたいと頑張っている。

一時は頭を持ち上げるのもかったるい様子だったので、また少し回復はしてるっポイ。
何よりここ1主観で一番驚いたのは、背中の粉瘤がつぶれた痕があったのだが
底の傷がふさがらず、1年ぐらいずーっとジュクジュクとしたままだったところ。
年齢的にも完治しないんじゃと思ってたら、うっすら皮が再生され始め現在塞がりつつある。
転がすたびに、血まみれだったので直ってきて本当に良かった。

最近は、体を反転させる際に、人が寝床を整えている間、折り畳みの椅子に乗せられてリハビリ中。
夕飯は家人任せなので、人がご飯の時に居る場合には常に折りたたみ椅子に乗ってご飯を食べている。
本犬もその方が楽っぽいのと、大分上半身を起して居られるようになっているみたいだから。
後はミュートさんが自力で起き上がれるぐらいまでに回復すればなぁ・・・と思っている。

老衰なので、どこまで回復するかしないのかはわからないけど、食欲はまだまだあるし
ミュートさんが生きたいところまで人は全力でお付き合いする所存です。
■ 二〇一七年三月十二日のミュートさん
ねんねかお?
ねんねかお?


最近は上半身を起せるようになったからか、「起きたい」とミューコールがかかることもしばしば。
ただ、起きた状態から自力で転がる際は足が抜けるけど
寝た状態から起き上がるときには足が抜けないので、自力では上半身を起せない。
何とか足が抜けるようになれば、本犬ももう少し楽になると思うんだけどなぁ。

車椅子では自力で支えられない為、現在はたまたまサイズが良かった長めの折りたたみ椅子に乗せ
ご飯や、体勢を変える際に乗せておくと、何とかバランスを取って乗ってるので、多少はリハビリになってるといいなぁ。